黒豆ダイエットとはどんな方法でしょうか

黒豆ダイエットとは、黒豆をとることでダイエットを促進する
方法のことをいいます


黒豆に含まれているイソフラボンやサポニンとよばれる成分が脂肪の生成をおさえ、血液をさらさらにしてくれます。

そして悪玉のコレステロールを減らして善玉を増やすなどの効果があるダイエット方法です。

黒豆と聞くとお正月にお重箱のなかに並んでいる「おせち料理の欠かせない一品」というイメージがありそうですが、黒豆は栄養価が非常に高く、普段の食生活に取り入れたいダイエット食材ですね♪


黒豆(黒大豆)はどのようなものなんでしょうか

一般に黒豆といわれていますが、正式には黒大豆という大豆の仲間です。原産は中国で古くからその効能は知られています。

古代中国の医薬書には、黒豆が病気の治療に使われていたという記述もあり、漢方でも、黒豆は身体の成長や発育、生殖、肝臓の機能を補うものと考えられてきているそうです。

また、その効能に関しては、皮の黒さによるってことも昔からわかっていたようで、びっくりですね。

実際、黒豆の本場である兵庫県の丹波篠山では、20代〜40代のほとんどの方の体脂肪率が正常範囲内。

しかも年齢別全国平均より低い!さらに50代以上の年配の人たちは、ますます低いんだそうです!

黒豆(黒大豆)にはダイエットに有効などのような成分が含まれているのでしょうか

さて、黒豆の効能がわかったところで、その皮の黒さの源となっている成分について。

これはアントシアニンという色素です。
アントシアニンといえば、ブルーベリーに含まれることでも有名なポリフェノールの一種で、様々な効果があり、ダイエットにも効果があることもわかりました。

大量にアントシアニンが含まれている黒豆は、脂肪(脂質)の吸収を抑え、さらに脂肪(脂質)の排出を促進させる効果があります。

黒豆には下記のような、こんなにいっぱいの成分と効果があります。

★イソフラボン
黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分で、女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。
この成分が更年期のいろいろな症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病を未然に防ぐ役割をしてくれます。

★サポニン
過酸化脂肪の増加を防いでくれます。
つまり高血脂症を予防して脂肪の代謝を促すことにより肥満を防止させる効果があります。

★アントシアニン
ポリフェノールの一種。活性酸素を除去することで、血液をさらさらにし体脂肪をつきにくくする働きをしてくれます。
その結果動脈硬化や高血液などの生活習慣病を予防してくれます。

★大豆たんぱく質
必須アミノ酸11種を含む良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。
その結果コレステロール調整効果や、坑肥満効果、老化防止効果があります。


健康的にダイエットしたい方には、うってつけの食品ですね♪


アントシアニンにはどのような効能があるのでしょう

本当にすばらしい効能のアントシアニン。そのアントシアニンの効能についてはもっともっとあります

★視力向上
視力向上の作用があることは、ブルーベリーでも有名になりました。

目の網膜には光に反応してそれを脳に伝えるはたらきをする「視細胞」というものがあります。
そしてこの視細胞の中に「ロドプシン」という物質があり、これが分解・再合成をすることで光を信号に変えて脳に送りだし、物が見えるという仕組みになっています。

ロドプシンのはたらきが鈍ると物が見えづらくなったり、視界が曇ったり、チカチカして見える、などの症状がでて、眼精疲労も進んでしまいます。

この重要なロドプシンの再合成を助けているのが実はアントシアニンなのです。


★美肌効果
皮膚に含まれているコラーゲン同士を結びつけ、その働きを強くしてくれます。
これにより、肌の張り・つやが良くなります。


ダイエット効果だけでなく、視力をよくしたり、美肌効果まであるとは・・・・。
こんなすばらしいものをほっておく手はないですよね。


黒豆を使ったダイエットレシピ

では、こんなすばらしい効能を持った黒豆を美味しく効果的にする料理のレシピを紹介しますね。

★黒豆レシピ:黒豆の煮汁
材料:黒豆120グラム
水2リットル

軽く洗った黒豆120グラムを水2リットルに5時間浸けておく。
中火で、あくを取り除きながら沸騰させないように5分間煮る。
あみでこしたら完成!

※冷蔵庫で3日は保存できます。


★黒豆レシピ:黒豆ごはん
材料(4人分):黒豆1カップ
米3合、塩はお好み

鍋に黒豆を入れ、しっかり浸るぐらいの水を入れ、塩をお好みで入れて火にかける。
黒豆が適当な柔らかさになるまで、お湯が減ってきたら水を足しながら弱火で煮る。
黒豆がいい柔らかさになったら、火を止め、さます。
炊飯器に洗った米3合と黒豆を煮汁ごと入れ、水と合わせて3合分になるようにする。
炊き上がって塩気が足りなければ、塩をお好みで。


★黒豆レシピ:黒豆茶
材料:大さじ2、3杯分

急須に大さじ2、3杯分の黒豆を入れる。
お湯を注いで3〜5分待つ。
お湯が黒っぽくなったら完成


特に黒豆茶は、いつでも簡単に黒豆を取り入れらますよね!

黒豆茶は香ばしくて、ちょっと甘くてとてもおいしいです。
黒豆茶を手元に置いて、お仕事や勉強の合間、家事をおえほっと一息つくときに是非黒豆茶をお試しくださいね

ただしどの料理でも、黒豆に含まれてる成分って水に溶けやすいものが多く、100℃を超えると成分が壊れ始めてしまうので、沸騰しないように気をつけてくださいね。

オープンソース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。